アロマセラピストという仕事

アロマセラピストになろう

アロマセラピストとはどんな仕事か

アロマセラピストとは香りに関する様々な知識と、それを使って人々を癒やすいろいろな技術を持つ人を指します。人を癒やすプロとして、リラクゼーションサロンを中心に様々な職場で必要とされています。香りに関することばかりでなくマッサージなどの技術を学んでいる人も多いです。

アロマセラピストになるには

必ずしも資格が必要なわけではないですが、専門スクールに一定期間通って資格を習得してから仕事をはじめる方が殆どです。専門スクールに通えば、プロの指導の元自分が必要な知識や技術をたくさん学ぶことが出来ます。

どんな職場があるのか

多くの方はリラクゼーションサロンなどで働くということを思い浮かべるかもしれませんが、現在は産婦人科やスポーツジムなどでも活躍の場が出来てきいます。アロマオイルの販売などをする方もいらっしゃいます。

香りを使った仕事に興味がある

いろいろな香りに興味があり、アロマセラピストになりたいという方は、なり方や仕事内容について少しづつ知っていきましょう。将来好きな香りに包まれながら仕事が出来るといいですね。